【珍回答連発!】関関同立生に同じ質問ぶつけたら、各大学の違いが判明した!

【無料合格カウンセリング】ご相談受付中!

counseling


お電話でのご相談 TEL:0120-335-440

【公式Twitter】総合型選抜に関することを”つぶやき”ます
◼︎https://twitter.com/aoaoi_jp
【公式LINE@】受験に役立つ情報を発信!
◼︎http://nav.cx/tKr93uE
【公式Facebook】入試情報・イベント開催情報など満載
◼︎https://www.facebook.com/aosuisenaoi/

【その他採用・取材などお問い合わせはコチラ】
◼︎https://aoaoi.jp/inquiry/

【AOI公式ホームページ】
総合型選抜専門塾AOI 公式HP
各大学ごとの対策方法など、AOIが発信する最短合格の秘訣はコチラ!
◼︎https://aoaoi.jp

【総合型選抜対策オンライン】
受験対策に特化したチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC0e1eTzNeMr6gUqEAWgEUdQ

【小論文チャンネル】
小論文責任者河守が小論文対策を行うチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCZTJOex3bOGLpt2ZPirT32w

#関関同立
#大学の違い
#カバ調

Commentsこの記事についたコメント

1件のコメント
  • ORGANIZATION INFORMATIONAL より:

    関西学院(関学)は、
    ❶「早慶上智・関学」のPR登場(代々木ゼミナール)
    ❷ 武田塾文系大学ランキング、Clabel、ベスト進学等のランキングにおいて、関関同立で圧倒的トップ
    ❸ 京大社会学系の土台を築いた作田啓一は、関西学院大学経済学部卒。
    ❹ オックスフォード大学(2020年世界1位)、ケンブリッジ大学(2020年世界3位)、慶應・上智、国連 と提携
    ❺ 世界最高峰学術誌『Nature』Output Index[2020年]最新査定が、同志社の約3.5倍、関大の約5倍
    ❻ 直近5年以内に、内閣府副大臣、経済産業副大臣、日本弁護士連合会副会長、東京都知事を輩出
    ❼ マザーズ上場企業社長出身大学:① 慶應 ② 早稲田 ③ 関西学院  関西で1位
    ❽ 関関同立でほとんど唯一、日本学術会議委員・役員、旧帝大に研究者を輩出
    ❾ 有名人輩出数: 関西学院(関学)405 同志社354 立命館339 上智266 (最大ポータル『みんなの大学情報』)
    ❿ 本キャンパスは、関西エリア最大の巨大都心大阪梅田、梅田に次ぐ巨大都市神戸 からともに約30分(最寄駅から次々に出るバスで5分。阪急グループ全般が関学閥)
    ⓫ 本キャンパス最寄り駅「甲東園」周辺には、大丸ピーコック、書店、美術館、健康料理店、大阪王将、イタリア料理店、エスニック料理店、日本料理店、ごはん処、スーパー3件、銀行 等々、あらゆる店舗が揃っている
    ⓬ IBMと「AI活用人材プログラム」を共同開発
    ⓭ 起業家育成プログラム100で、西日本の私大の中で起業家輩出が圧倒的

    【2020年5月付 最新情報】
     世界最高峰学術誌『Nature』2020年最新 日本の大学ランキング
         10位 慶應   15位 早稲田

    29位 関西学院(=関学)
    34位 立命館
    72位 同志社
    92位 関西大学(=関大)

    ---私はすべて一般入試で関関同立に合格し、関西学院入学を即決。理由は、受験前にも上記のような情報を徹底的に収集したところ、関学が圧倒的だったからです。(上記は、その更新versionの一部です。)関学卒業後、進路変更のため、京大に入っています。--それでも私は、総合的には、関西学院のほうに軍配を上げます。(関学が結構disられるにしても、「足は下からしか引っ張れない」という格言からすれば、関西学院が高みにあることの背理的証明となるので、むしろ慶ぶべきでしょう。)
                                        

    【補足】昔の私大序列
    慶応(経済)191 > 慶応(商)167 > 関西学院(経済)166 > 慶応(法)165 >
    早稲田(政経)163 > 早稲田(商)151 > 早稲田(法)147 > 同志社(経済)141 >
    関西学院(商)134 > 上智(法)133 > 関西学院(法)129 > 同志社(商)123 >
    同志社(法)115 >関西大(法)109 > 立命館(法)104(出典:旺文社『蛍雪時代』1961年8月号)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です